風俗やキャバクラとの違い|居心地の良い空間を求めて/ステキなガールズバー探し

居心地の良い空間を求めて/ステキなガールズバー探し

風俗やキャバクラとの違い

ピースサインをしている女性

ガールズバーを利用するのはいいですが、中には若干ガールズバーに対して勘違いしている人もいます。
ガールズバーをエッチなお店、もしくはキャバクラに似たお店だと思っている人が意外と多いのですが、実際はまったくそんなこともありません。
「女の子ばかりが働いている」というところからエッチなお店を連想する人も多いですが、ガールズバーは飲食店ですので、エッチなサービスを期待しているのであれば諦めましょう。
また、キャバクラと混同している人も多いですが、お酒を飲みながら女の子と話せるという点が共通しているだけであって、他の部分はまったく違います。

キャバクラは男性客の横に座って接客しますが、ガールズバーではカウンター越しに会話をするだけです。
ガールズバーでは女の子と会話をすることができますが、会話による接客をメインのサービスとしていないからです。
また、営業形態もまったく違います。
キャバクラは「風俗営業の接待飲食等営業」として許可をもらっており、ゲーセンやパチ屋と同じ分類です。
0時以降に営業できないというのも大きな特徴でしょう。
しかし、ガールズバーの場合は「深夜酒類提供飲食店」として許可をもらっているため、0時以降でも営業が可能です。

ガールズバーはまだ新しいサービスであり、詳しくわかっていない人も大勢います。
間違ったイメージを持ったまま利用するとトラブルの原因になってしまいますので、しっかり理解したうえで利用すると楽しさも倍増しますよ。